スポンサードリンク

トップ > 巻き爪治療法 > 巻き爪治療法どれがいいかな?

巻き爪治療法どれがいいかな?

巻き爪治療法には、大きく分けて、矯正法と手術法があります。
最近は、痛みの少ない矯正法が主流のようです。
矯正法にも、いろいろ種類がありますので、最近人気のワイヤーによる巻き爪矯正法を紹介します。

巻き爪矯正法

  • VHO式
  • 専用ワイヤーによる巻き爪矯正法。 専用のワイヤーを巻き爪につけることで、巻き爪による湾曲を矯正させる方法。
    3ヶ月ごとに、ワイヤーを着けかえをして、6ヶ月〜1年くらいかけて巻き爪の矯正をする。
    痛みや出血がないので、当然麻酔も必要がない。
    保険適用外の自由診療となるので、料金の確認をしましょう。

  • B/Sブレース
  • B/Sブレースという、特殊な半透明の平らなスプリングによって、巻き爪を矯正する。
    巻き爪矯正期間は4ヶ月〜6ヶ月。
    1ヶ月に1回程度、B/Sブレースの交換をする。
    出血や化膿している場合は、施術ができない。
    保険適用外の自由診療。

    B/Sブレースには、3種類あって、クイック法、クラシック法、ハイフォーム法がある。
    クイック法が一番巻き爪矯正力が弱く、ハイフォーム法が一番巻き爪矯正力が強い。
    B/Sブレースで、巻き爪矯正をするなら、ハイフォーム法を扱っている病院か確認が必要。

  • マチワイヤ
  • マチワイヤという形状記憶ワイヤーを使用した巻き爪矯正法。
    巻き爪の症状に応じてマチワイヤの強度を7段階で調節できる。
    1〜2ヵ月に1度、マチワイヤの交換をする。

巻き爪治療法についてについて

巻き爪治療法には、巻き爪手術。巻き爪矯正。巻き爪治療法にも、いろんな種類があります。巻き爪治療法から病院を選びましょう。
巻き爪にはこんな治療法があります
巻き爪治療
巻き爪とは
病気リンク集

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。